夫婦の間もちゃんと法的証明が必要

ウチは夫婦共働きです。

 

生活費は、私は妻に毎月3万円を生活費として支払っています。
この中で妻は自分の給料からも生活費を出し、野菜など食材を購入する費用に充てています。

 

しかし、妻は私の口座から引き落とされるカードを持っています。
毎月、ここから2万円程度落とされています。

 

また妻の携帯電話の費用、毎月約6,000円も私の口座から引き落とされています。
また外食をした場合は私が支払うことになっています。その他電気代など光熱費、住宅ローンも私が全て負担しております。

 

私は自分の給料から余った額がお小遣いになるのですが、将来に備え定額貯金もしており、結局お小遣いは1万円行くかどうか、というレベルです。

 

なお、定額預金は、私としては、「私個人の将来のため」の預金として行っておりました。
ただ、妻は「夫婦の将来のための預金」と解釈していたことが最近発覚しました。

 

妻が専業主婦であれば、確かに妻の解釈で全く問題ないと思うのですが、妻も給料を得ている以上、自分自身で将来に備えるのは当然のことと思っていました。

 

しかし、妻は生活費から余ったお金は全て自分のお小遣い、として使っていたのです。スマホを覗いたら、専業主婦お金借りるというサイトを見ていました。(笑)
道理で彼女は年に2〜3回友達同士で泊まりがけの旅行に行ったり豪遊している訳です。

 

妻には、自分自身でも老後に備えるよう、注意を行ったのですが、念のため、弁護士の知り合いに確認したところ、離婚となった場合、私の定額貯金は妻との共有財産として分けることになる、とのことです。

 

勿論自宅も共有財産になります。必要であれば公正証書で分与について夫婦間の取り決めをしておけばよい、とのことですが当分、離婚する予定は無く、上手く取り決めができるかちょっと不安です。

株主優待を売ったお金

株式を上場している企業の中には株主優待を実施している企業も多くあります。

 

これらの企業の中には企業が実施している株主優待を売却すると利益になる株主優待あるのです。このような「売ればお金になる。」株主優待を実施している企業の株式を一般信用の空売りと現物買いを駆使して、初めから得をする株主優待だけをもらってそれを売却するという人たちがいます。
このような人たちは株主優待をインターネットオークションで売却したり、もしくは金券ショップにて売却したりして利益を得ています。

 

このようなことでお金をもうけることは株式投資とは一線を別つものかもしれません。なぜならば、リスクがほぼない状況で利益を得ることができるのですから、お金があればあっただけできるのがこの株主優待クロス取引のいいところです。損失が出て3万円借りる経験もありますが・・・

 

ですから、この方法は「これまで株式投資は損をするかもしれないから嫌だ。」と考えて貯金ばかりに精を出していた人手さえ金融機関の定期預金よりも株主優待の売却益の方がいいこと気がつくと預金から株主優待クロス取引にシフトしていきます。

 

私も今でも株式投資は毎日金融資産が上下するので自分の性格には合わないものなのですが、株主優待クロス取引は自分にもあっている方法だと思っているので積極的に行なっています。最近では、私の周りでは株主優待クロス取引がかなりメジャーになってきているので、リアルでも株主優待のネットオークションの落札価格などの話題がよくあがります。